つなぐの足もみ

つなぐの足もみは

若石健康法の足もみを基本とし、
私が良いと思ったものを取り入れ、

からだとこころの癒しをお手伝いします。

自宅の一室が足もみのお部屋ですが、
大きな窓があり、晴れた日は窓から入る光が気持ち良い、お気に入りの場所です。

足もみの流れになります。

①足湯(10分程度)

泡足湯にフラワーエッセンスを垂らし、のんびりとリラックス。
みなさん「ふーっ」と気持ちの良いためいきをつかれます。


②足もみ(60分程度)

足裏にある64ヶ所の反射区を押していきます。
プラス、ふくらはぎや太ももの前面をほぐしていきます。

手での施術に加え、場所によっては棒やメノウのかっさを使用します。

足もみは「愛のある」痛みを伴う時もあります。
その痛みがお好きな方、そして苦手な方、
それぞれいらっしゃいますので、
お客様のご希望の圧に調節いたします。
オールハンドがご希望の方や、その他諸々のご希望も遠慮なくお伝えくださいね。

施術に使用するのは、若石バーム。
そしてそのバームにフラワーエッセンスを混ぜた、つなぐオリジナルです。

棒とともに時々登場するメノウは天然石。石は生き物です。
施術後はきれいに洗い、ホワイトセージやフラワーエッセンスで浄化しますので、ご安心くださいね。


③ふくらはぎ流し・太もも後面の押圧(5分程度)

ベッドに移動し、うつぶせになっていただきます。
ふくらはぎを気持ちよく流し、太ももの後面を押圧していきます。

みなさんリラックスされ、ウトウトされるかたもいらっしゃいます。


④お白湯または、びわ茶などのノンカフェインドリンクを500ml飲んでいただきます。

足もみで崩れた老廃物を、尿と一緒に排出するために、多めに飲んでいただきます。

胃腸の調子が良い時は、500mlがスルーっとからだに入っていきますよ。

⑤足もみで気になった反射区をお伝えします。

気をつけていただきたい反射区をマークしてお渡しします。
ご自宅でのセルフケアにご活用ください。

*ベッドでの施術をプラスする理由*

イスに座っての足もみ。
もちろんそれだけでも効果は抜群です。

しかし座ることによって、そけい部や膝は曲がった状態です。
そこで様々な流れが阻害されている感じがしたため、より流れやすくなるよう、ベッドに横になっていただくことを加えました。

ベッドでの施術は、痛みを伴わないものですので、とてもリラックスしていただけます。

*足湯や足もみにフラワーエッセンスを使用する理由*

人には幼い頃からのこころの傷や、たくさんの負の感情もたまっています。
そして そのこころが、からだに影響を及ぼしていることも多々あります。

フラワーエッセンスはその傷や感情をじわじわと癒してくれます。

フラワーエッセンス入りバームを使うことによって、お客様のこころの癒しを促します。

使用するフラワーエッセンスは、フラワーエッセンスセラピストのShukuちゃんにお願いしており、あらかじめその時期に来てくださるであろう、お客様の状態や感情にあったものを処方してもらっています。

具体的に、「この方が来てくださる。」ということがわかるのではなく、「こんな状態や感情のお客様がいらっしゃる。」ということがわかるのです。
不思議ですよね。

そして、「もっともっとこころを癒したい。今のこころと向き合い、前へ進みたい。」という方へは、Shukuちゃんのコンサルをご紹介しています。

不定期ですが、足もみとフラワーエッセンスコンサルが同時に受けられる、「足もみとフラワーエッセンスコラボ」も開催しています。

足もみでからだをケアし、フラワーエッセンスでこころをケアする。
これがつなぐの足もみです。

もちろん私自身も、足もみ前にはフラワーエッセンスを摂り、お客様にとってより良い足もみができるよう、こころを整えています。

tsunagu〜つなぐ〜の足もみが、みなさまのしあわせにつながりますように。